タヒチアンダンスとは


タヒチで古くから伝わる踊り


神秘の島タヒチで古くから伝わる、伝統的な踊りのことを言います。

ポリネシアンダンスの1つであり、

フラダンスのルーツとも伝えられています。

 そして、女性らしさを最大に生かす美しく魅力的な踊りです。

美しくなりたい女性や、人生に輝きを求めている方にはピッタリな踊りです。

タヒチアンダンスにはいくつもの種類があり、激しいものからゆっくりなものまであります。

代表的な2つの種類「オテア」と「アパリマ」を簡単にご紹介します。

この他にも、

「メフラ・アフロア」「パオア」「ヒヴィナウ」などがあります。

 


OTE'A オテア


トエレ(木の打楽器)やパフ(太鼓)などの伝統的な楽器のドラムビートに合わせて激しく腰を動かし踊ります。基本的にスピードが速く、力強いパワフルな踊りです。



APARIMA アパリマ


手のモーションでその曲の物語を表現します。

現代ではバンジョー(タヒチアンウクレレ)などの伝統的な楽器の奏でる音楽に合わせて優雅に踊られます。




タヒチアンダンスの衣装

 

着るだけで華やかになるような、ゴージャスなものから

女性の美しさをさらに引き立てる、エレガントなものまで

タヒチアンダンスでは、カッコよく可愛い衣装が特徴的です。

ダンサーにとって衣装(コスチューム)も大きな魅力の1つです。

 

タヒチでは基本的に自然素材のみを使って衣装は作られています。

大会では審査に関わるほど、タヒチアンダンスにとって衣装はとても大切なものなのです。

 

HEIARIKI Tahitian Dance Schoolでは

全てではありませんが、

タヒチの文化を尊重できるよう、極力タヒチの自然素材を使用し、

生徒さんが喜ぶような魅力的な衣装を使用します。